医学部受験は至難の業

医学部受験は至難の業 医学部受験は最難関であり、至難の業といわれる理由はいろいろあります。
最難関といわれている東大ですが、じつは合格者は1学年で1000人程度でます。
さらにはセンター試験では9割の得点をとらなくても、二次試験に進めないということはないです。
反対に国立医学部の場合、9割近い点数を取らなければ合格は遠くなってしまうのが現実です。
8割くらいでしたら、足きりといって受験票が来ない可能性があります。
さらには二次試験も難易度が高い問題ですし、なんといっても合格者が100人程度しかでないのです。
では私立医学部でしたら楽なのかといえばそれは間違いです。
3教科であっても難易度は高いし、癖のある問題ですから問題を解くのが至難の業です。
さらには倍率は数十倍はざらです。
しかも私立医学部は学費が6年で数千万がざらです。
つまり私立医学は学力もあって経済的に豊かな家庭でないと、入れないということがあります。
国立であろうと私立であろうと、医学の道に進むことは至難の業というのは間違いないのです。

医学部の受験と文系の大学について

医学部の受験と文系の大学について 日本では大学進学をすることが当たり前になっています。
学歴社会で良い企業に就職したり、専門的な仕事に就くためには大学を出なければ厳しいので、今後も現在の水準を維持すると考えられます。
様々な学部がありますが、医学部を目指している方がいるはずです。
そんな人たちにアドバイスがあります。
それは何かというと、文系とはレベルが全然違うので、十分な対策が必要だということです。
文系は独学でも合格している方が結構いますが、医学部では本当に限られている現状があります。
医学部に受かりたいと考えている方は予備校を利用することを推奨します。
予備校は年間100万円以上かかってしまいますが、大事なところから重点的に教えてもらえますし、問題を解くノウハウを知ることができるので、高い費用を出す価値があると言えます。
あまりお金をかけたくない方がいると思われますが、将来への投資と考えて許容するべきです。
医師になれば高い給料が貰えるので、予備校にかかる費用はすぐに回収できます。

\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>