授業を活用し医学部受験に備える

授業を活用し医学部受験に備える 高校や予備校などの授業を上手に活用し、医学部受験で闘える学力を身につけるためにはどうすればよいのでしょうか。一般的に言われるのが予習と復習の大切さですが、これらの点をより具体的にみなさんと考えてみたいと思います。
まずは予習です。予習の段階では、何がわからないのかをはっきりさせることが大切です。予習の段階での疑問点を授業中に解決する流れが理想と言えるでしょう。(受験勉強をスタートしたばかりであれば、わからないことも多いと思いますが、ここは踏ん張りどころです)また、復習も大切なポイントです。いくら理解が出来た内容であっても、人間の脳は時間の経過とともに記憶が曖昧になるようになっていますので、意識的な復習が必要となります。できれば、計画を決めて復習画ができる環境を整えてほしいところです。確実にインプットするためには徹底した繰り返し学習は避けては通れないとおもいます。医学部合格を果たした先輩方も通ってきた道です。

医学部受験と教科書との関係をテーマにして考えてみる

医学部受験と教科書との関係をテーマにして考えてみる 学校で使用されるテキストは、受験生にとっては軽視される傾向もあるのではないかと感じます。とくに、災難学部の一つとして知られている医学部を目指す生徒さんには傾向は顕著です。そこで今回は医学部合格と教科書との関係をテーマにして、話をすすめていきたいと思います。
学校で使用されるテキスト類は、いわば基本中の基本であることは多くの方の認識するところです。つまり、これらの教材は、しっかりとマスターすることは基礎力をつけるにはもってこいです。例えば英語を例にすると、学校のテキストでとりあつかう英文の中に知らない単語や文法事項などがある段階で、応用問題にチャレンジするのは無謀です。
まずは、身近にある教科書を利用し揺るぎない基礎力を構築することを最優先してほしいです。一見遠回りのようにお回れるかも知れませんが、受験期間を長期的な目で見れば、このアプローチは、合格を勝ち取るための最短ルートなのかも知れません。